トップページ〉 実績一覧 〉 龍ヶ崎の家

龍ヶ崎の家

概 要  description

1.環境(エコデザイン)
 木造のこのような古民家を再生し、住み続けていくことが、 「サスティナブルデザイン」(持続可能な建築)となり、地球にも人にインパクト(負担) の少ないデザインとなる。

2.温熱環境の改善
 古民家の弱点である「冬の寒さ」を 省エネルギーかつ、木材にも人にもやさしい、「水蓄熱床暖房」を広い面積に布設する ことにより、冬でもエアコン等なしで、18℃~ 24℃に保てるようにする。

3.形態(外観)の再生
民家の形は、ある意味、日本の気候に対し「いかに住まい、または、住 む人を守るか」先人の知恵が受け継がれてきています。それらを、受け入れ、かつ現 代の住まい方に合わせ再生する。

4.プラン(間取り)
施主様がドイツの方ということ もあり、畳での「座」の生活は不可と判断し、基本的に「椅子」での生活に改修する。 ただし、その中でも「茨城の民家」のもつ、独特の雰囲気は残し再生する。

5.遊び心 (余暇)
プライベートタイムをとても大切にされる施主様の考え方を反映し、台所、土 間ホール、外部のパーティースペース等、リラックスできる工夫を入れ込む。

テレビ朝日 劇的ビフォーアフター 出演作品

龍ヶ崎の家

ビフォーアフター  before after

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

外観

茨城の民家らしい外観を再生しました。

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

アプローチ

 

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

リビング

骨組みを表し、壁は漆喰仕上げ、床は全面ひのき貼りです。LDKは全面水蓄熱式床暖房を布設しました。

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

ダイニング

奥様に喜んでいただいた、オリジナルデザインのオープンキッチン。キッチンには食洗機とビールサーバーも組み込みました。

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

ゲストルーム

東側の既存増築部を撤去し光を得ることにより、明るい部屋として再生しました。されに、天井板も撤去し骨組みを表しました。

ビフォー ビフォー写真
アフター ビフォー写真

エントランス

旧玄関を土間ホールとして利用し、リラックススペースに。床には大谷石を貼り、トップライトには既存建物の欄間の格子と茨城(山方町)特産の「西ノ内和紙」を使いました。

データ  data

所在地茨城県 龍ヶ崎市
建物構造木造2 階建て
延床面積59 坪
外壁 
屋根 
内装 床:ヒノキ無垢板貼り 壁:漆喰塗り 天井:クロス貼り
キッチン 
設備水蓄熱床暖房
pagetop